カウチン レディースのダンスパーティー

TOP > カウチンキャップ カナダ・フライヤーフックス社製 耳あて付タイプ 大人用フリーサイズ カラー:アイボリー×ライトブラウン

カウチンキャップ カナダ・フライヤーフックス社製 耳あて付タイプ 大人用フリーサイズ カラー:アイボリー×ライトブラウン

商 品 名 ●耳カバータイプ カウチンキャップ カ ラ ー ●カウチンのノーマルカラー(オフホワイト&ブラウン) サ イ ズ ●大人用フリーサイズ 素 材 ●ウール100% 製 造 ●機械で紡いだウール毛糸を編み手さんが手編みで編んでいます。

重 さ ●(約)150g 原 産 国 ●カナダ製 洗 濯 方 法 ●ドライクリーニングまたは手洗い ●あまり頻繁に洗濯はしないほうが望ましい。

汚れやシミがついた時は、汚れている部分を、ぬるま湯に浸した布にウール用洗剤をつけ、叩き洗いをして汚れを吸い出して下さい。

終了後、よく洗剤をおとして、陰干しして下さい。

ブ ラ ン ドインフォメーション ★

 フライヤー フックス社 ★

1972年創業のフライヤー フックス社はカナダ・バンクーバーの隣町、リッチモンドにあり、創業以来ウール製品を製造、このカウチンセーターもフライヤー フックス社の代表商品です。

以前と変わらぬ伝統のデザインを守りながら、今の時代に適応させるべく、研究・開発を重ね、『重い』と言われたカウチンセーターの概念を払拭させ、『軽い』『より暖かい』セーターを実現させることにも成功しました。

進化したカウチンセーターを是非お楽しみ下さい。

カウチンセーターの 由 来 ●カウチンセーターが生まれたのは、今から200年ほど前のことです。

バンクーバーの東にあるバンクーバー島のセリッシュ族が、マウンテンゴートやイヌの毛を使って、家族に防寒着や毛布を編んだのが始まりと言われています。

特に毛布は富の象徴で、まとまっているものを守り・清める力があると信じられていました。

1850年頃には、白人が羊毛を持ち込んだことで、肌触りもよく、色も美しい羊毛でセーターや帽子、ソックスを次々と編んでいきました。

これがカウチンセーターの原形となりました。

カウチンセーターとは、このバンクーバー島のカウチン湖一帯に住むセリッシュ族が編んだことからカウチンセーターと呼ばれるようになりました。

もともとは無地であったセーターにボタンやファスナーをつけ、家紋やデザインを入れていき、毛糸もベージュ一色のものから、現在でもオーソドックスなカラーとしって人気のある白(オフホワイト)、ブラウン、グレーとなり、そしてスコットランド北部のシェットランド諸島のフェア島に伝わるフェア・アイル編みが何色も使って編まれることを取り入れてカラーカウチンが出来上がりました。

代表的デザインとしてメープルリーフ、ディア(鹿)、スノーフレイク(雪の結晶)、サンダーバード、イーグル、ホエールなどがあります。

現在では、毛糸や糸を紡ぐ技術の進化により、ボリュームの割には軽くて温かいセーターが出来上がるようになってきました。

注 意 事 項 ●写真はイメージであり実際の商品と一部違いがあることがあります。

●手編みのために風合いにそれぞれ違いがあります。

●写真と実際の商品との間に色合いの違いがございます。

●ロットにより毛糸の色合いに違いがあります。

複数ご注文のお客様はご注意下さい。

●写真とデザインの一部が変更になることがあります。

ギフトラッピング(有料) ●ギフトラッピングは有料となっております。

ここからご確認下さい。

●『メール便』配送でのギフトラッピングはできません。

ギフトラッピングをご希望のお客様は『宅配便』配送をご選択下さい。

宅 配 便 送 料 宅配便は地域により送料が違います。

下記『ショッピング インフォメーション』の地域別送料をご確認の上ご利用下さい。

配送に関しての詳細は、こちらからご確認下さい。

この商品は、メール便配送をご選択いただいてもメール便配送はできません。

送料を変更して宅配便として出荷致します。

激しい自然環境の中、屋外の作業のときに着られていたもので、部族特有の模様が編み込まれています。

バージンウール100%を素材として、きっちりと目を詰めて手で編み上げられたセーターは、たいへん暖かくて丈夫です。

多少の雨や雪も気になりません。

またデザイン的にもシンプルでお洒落です。

カウチンセーターが生まれたのは、今から200年ほど前のことです。

バンクーバーの東にあるバンクーバー島のセリッシュ族がマウンテンゴートやイヌの毛を使って、家族に防寒着や毛布を編んだのが始まりと言われています。

特に毛布は富の象徴で、まとまっているものを守り・清める力があると信じられていました。

1850年頃には、白人が羊毛を持ち込んだことで、肌触りもよく、色も美しい羊毛でセーターや帽子、ソックスを次々と編んでいきました。

これがカウチンセーターの原形となりました。

カウチンセーターとは、このバンクーバー島のカウチン湖一帯に住むセリッシュ族が編んだことからカウチンセーターと呼ばれるようになりました。

もともとは無地であったセーターにボタンやファスナーをつけ、家紋やデザインを入れていき、毛糸もベージュ一色のものから、現在でもオーソドックスなカラーとしって人気のある白(オフホワイト)、ブラウン、グレーとなり、そしてスコットランド北部のシェットランド諸島のフェア島に伝わるフェア・アイル編みが何色も使って編まれることを取り入れてカラーカウチンが出来上がりました。

代表的デザインとしてメープルリーフ、ディア(鹿)、スノーフレイク(雪の結晶)、サンダーバード、イーグル、ホエールなどがあります。

現在では、毛糸や糸を紡ぐ技術の進化により、ボリュームの割には軽くて温かいセーターが出来上がるようになってきました。

商 品 の 拡 大 写 真

楽天で購入7,560円(税込み)